女子学生の体を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、東京大は15日、研究所に所属する30代の男性准教授を10日付で諭旨解雇処分にしたと発表した。准教授は事実関係をおおむね認めたという。
 東大広報グループによると、准教授の講義を受けていた女子大学院生が2007年秋、体を触られたと訴えて被害が発覚。講義を中止させて、調査を進めたところ、別の院生に対しても体を数回触ったり、下着の色を教えるよう求めるなどした電子メールを十数回送ったりしていたことが分かった。
 東大はほかに、08年5月に発表した論文に虚偽記載があった医科学研究所(東京都港区)の男性教授(54)を、12日付で停職1カ月にした。同教授は倫理審査委員会の承認や患者の正式な同意を得ていないのに、承認・同意を得たとして論文を発表していた。 

【関連ニュース】
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴
機動隊員が自殺未遂=上司が暴行、パワハラも
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度

<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
【イチから分かる】日医会長選 政権との距離感で混沌(産経新聞)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取(産経新聞)
<水俣病>患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で(毎日新聞)
生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴(産経新聞)
[PR]
# by p6rwyu5ua0 | 2010-03-20 18:06
 名古屋市が小学校で行っている「トワイライトスクール事業」の委託業者選定を巡り、河村たかし市長が審査期間中の2月中旬、一部の選定委員を市長室に呼び出していたことが、9日わかった。

 市議会2月定例会で、工藤彰三市議(自民)が指摘した。工藤市議は「選定妨害だ」と批判し、地方自治法に基づき、調査のための百条委員会設置を求めた。

 放課後の小学校を使って子供たちに遊びや学びの場を提供する同事業は、市内246小学校で行われている。これまでは市の外郭団体・市教育スポーツ振興事業団が市と随意契約を結んでいたが、河村市長は「競争原理を導入する」として、初めて提案型公募を実施した。事業規模は年20億円の4年契約で総額80億円。

 選定を巡っては、市経営アドバイザーでNPO法人事務局長の藤岡喜美子氏が、応募した団体から相談を受け、「公正な審査をしてほしい」と、市こども青年局に文書を出したり、直接訪れたりしていた。

 工藤市議によると、河村市長は2月11日、市長室に選定委員7人のうち5人を呼び出したという。河村市長は「藤岡さんや地元の人から『公正さを疑う』という指摘があり、『特定の業者だけではダメだ』と、公平な審査をするよう確認しただけ」と答えた。

 公募には7団体が参加。選定の結果、全校で同事業団が選ばれたが、工藤市議は「委員は市長の方針を知っており、無言の圧力になった。潔白なら、藤岡氏とともに百条委員会で証明すれば良い」と述べた。同市議会は今後、百条委員会の設置について協議する。

Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁(産経新聞)
収納術 春からスッキリ 本棚や壁面、上手く使って(産経新聞)
シー・シェパード元船長、身ぶりで侵入再現(読売新聞)
[PR]
# by p6rwyu5ua0 | 2010-03-18 20:06
 ◇東で西で春の乱

【写真特集】日本各地の城を写真で

 【兵庫】姫路市の世界遺産・姫路城で進められている「平成の大修理」は4月12日、大天守を覆う素屋根の建設工事に入る。城内は桜の名所としても知られるが、来年から4シーズンは「白鷺城」と桜の華麗な競演を楽しめなくなるため、今年は大勢の花見客が詰めかけると予想される。「見納め花見ツアー」を企画している旅行会社も多く、城を管理する市は「日によっては限界を大きく超える登閣者が殺到する」と危ぶんでいる。【久野洋】

 大修理は2014年度まで。素屋根建設が始まれば、素屋根内の見学が可能になる来春まで大天守に近付けなくなる。

 大天守の有料登閣者数は素屋根工事の着工が近付くにつれて増え、今年1月は約7万2000人と前年同月の約1・6倍。市はこれらのデータを基に、今年の花見シーズン(3月20日〜4月11日)には昨年同期の約15万人を大きく上回る約22万人が訪れると推計している。

 昨年は1日1万5000人を超す登閣者を記録した日もあった。しかし、今月7日からは本丸の一部立ち入り禁止に伴って登閣ルートが減るため、市は「今季は1日約1万人が限界」と想定。週末には、登閣できない人が続出する恐れもあるとみている。

 この事態に、「見納めツアー」を企画している各旅行会社も対応に追われている。姫路城では事前予約を受け付けていないが、姫路観光コンベンションビューローには「整理券はないか」や「団体客は特別扱いにして」などの問い合わせが殺到。阪急交通社は「お客さまが登閣できない事態は絶対に避けたい」と話す。

 市は3月20日〜4月11日の期間中、開城時間を1時間早めて午前8時からとする▽登閣待ち時間を示す看板を15カ所に設置−−などの対策を講じたうえで、比較的すいている午前中の登閣を呼び掛けている。担当者は「希望者全員が登閣できるよう頑張るが、それでもだめなら謝るしかない」と戦々恐々だ。

【関連ニュース】
【特集】日本各地のさくら情報
【写真特集】桜の開花情報はこちら
【写真特集】日本の世界遺産
【写真特集】春の草花がたくさん 毎日植物園

入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? −グループホーム火災・道警(時事通信)
地下鉄サリン 15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
地下鉄サリン 15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
「生臭み」の原因は「におい」 ワインと魚介料理の組み合わせでメルシャンが特定(産経新聞)
[PR]
# by p6rwyu5ua0 | 2010-03-17 05:39
 宮崎市の家族3人殺害事件で、生後6カ月の長男雄登ちゃんの死体遺棄容疑で逮捕された宮崎市花ケ島町、建設会社員、奥本章寛(あきひろ)容疑者(22)が「自由のない生活でストレスをためた」と話していることが7日、接見した弁護人への取材で分かった。弁護人によると、「義母と妻が数日おきに理由もなく怒りを爆発させ、怒られていたが反抗できなかった」とも説明。一方で謝罪の言葉も口にしているという。

 奥本容疑者は調べでも「家庭内に力関係があり、自分の居場所がなかった」などと供述。宮崎県警は妻くみ子さん(当時24歳)と、義母池上貴子さん(当時50歳)への恨みが背景にあるとみている。

 また、1日夜、第一発見者を装って「2人が死んでいる」と110番したことに関し、奥本容疑者は弁護人に「外部者の犯行に見せかけるため、部屋を自分で荒らした」と話していることも新たに分かった。

 昨年3月に結婚した奥本容疑者は7月に池上さんとも同居し始めたが、弁護人には「2人とも機嫌が悪いと、すぐにカッとなり、びくびくしていた。しかしお母さんに気に入られたかった。だから口答えできなかった。この状態を続けることが苦しかった」と話し、何度か離婚話も出たという。

 また「家計は妻が全部管理し、自由になるこづかいはなかった。給料は手取り18万円程度だが新車のローンがあり、経済的にも苦しかった」と説明している。

 捜査関係者によると、ローンの返済で生活費の多くは居酒屋などの従業員だった池上さんが負担していたとみられ、2人から「稼ぎが少ない」と言われたこともあったという。

 奥本容疑者は、雄登ちゃんの遺体を自宅から約800メートル離れた勤務先の建設会社の資材置き場まで車で運んで埋めたとして、2日に死体遺棄容疑で逮捕された。奥本容疑者方ではくみ子さんと、池上さんが頭を殴られて殺されているのが発見された。奥本容疑者は3人の殺害を認めているという。県警は近く殺人容疑で再逮捕する方針。【小原擁、川上珠実】

弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕−警視庁(時事通信)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
<工場火災>東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡−大津地検(時事通信)
[PR]
# by p6rwyu5ua0 | 2010-03-13 05:49
 民主党は3日の常任幹事会で、夏の参院選の第1次公認候補87人(選挙区47人、比例代表40人)、推薦候補2人を決定し、小沢一郎幹事長(67)が記者会見で発表した。「公認内定候補者」として公表されていた元格闘家・前田日明氏(51)が名簿から漏れ、公認が見送られるまさかの展開。体操競技のソウル、バルセロナ五輪メダリストの池谷幸雄氏(39)は無事に公認が発表され、注目候補の2人は明暗を分けた。小沢氏は前田氏について「本人の認識のことやらなにやらあった」と語った。

 衝撃は、16分間の記者会見の、最後に待っていた。質問者が「前田日明さんの名前がないが?」と小沢氏に尋ねたときだ。名前がビッシリ並ぶ名簿に見入っていた報道陣の間に、初めて「言われてみれば、そうだ…」という空気が広がった。

 小沢氏は「誰? 何が? え?」と、全く無関心な様子。党職員に何か耳打ちされ「あっ、抜けてるちゅうこと? あっそうか〜」とそっけない反応を示すと、続けて「その、前田なにがしにつきましては、いろいろ本人の認識のことやら何やらありましたので、今回は見送り」。“格闘王”の異名でならしたカリスマを「なにがし」呼ばわりで言い放った。

 前田氏は昨年、比例代表の目玉候補として公表されていた。その際、名前が記された女優の岡崎友紀氏(56)ら11人の中で、公認が見送られたのは前田氏のみ。1月の党大会では、政治とカネの問題で対応を迫られる小沢氏に理解を示す発言もしていたのだが…。

 小沢氏は2次公認を、2週間以内に発表するとしたうえで「(前田氏がそれまでに)いかに戦うのか、どうするか、本人も冷静に考えていただくようにと指示しました」と“執行猶予”を与えたことを説明した。

 民主党の複数の関係者によると、前田氏サイドの選挙に臨む姿勢に疑問が感じられることがあり、石井一選対委員長(75)を怒らせる場面もあったという。ただし、前田氏に近い関係者は、前田氏が「民主党とは政策が合わない。肌が合わない」と漏らしていたと明かした。

 ほかにもこの日は、比例代表でジャーナリストの有田芳生氏(58)や元自民党衆院議員の八代英太元郵政相(72)らの公認が発表された。最終的には100人超の擁立を目指す。小沢氏は前田氏に関して語り終えると「ハイ、ありがと〜」と、満面の笑みで会見場を去っていった。


 【関連記事】
民主夏の参院選1次公認はタレントの池谷幸雄氏ら87人
民主党 比例代表 小沢一郎 を調べる

核テロ脅威、明文化へ 安全保障サミット 対北・イラン圧力強化(産経新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
韓国へ捜査員を派遣=東京・新宿の指輪強盗−警視庁(時事通信)
<皇太子さま>アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
[PR]
# by p6rwyu5ua0 | 2010-03-11 08:32