<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 ◇診断基準統一化の動き 人体図使い問診/抗不安薬で症状改善

 胃痛や胃もたれが続くのに、検査結果は「異常なし」−−。こんな症状が特徴なのが機能性胃腸症(FD)だ。発症の仕組みについて、ストレスなどの心理面の影響も指摘されるが、目に見える異常がないため、周囲の理解を得られないことも多い。関連学会では保険適用を目指し、統一した診断基準作りを模索している。

 代表的な症状は胃痛、胃もたれのほか早期満腹感、みぞおちの灼熱(しゃくねつ)感など。以前は慢性胃炎と同じと見られていたが、胃の粘膜保護薬を処方しても症状が改善しないため、80年代ごろから医療関係者の間で注目されてきた。99年には国際診断基準も作られている。

 東北大病院(仙台市青葉区)の本郷道夫総合診療部教授(消化管生理機能)らが全国1万人以上を対象に行った調査では、全体の14%が該当する症状を経験したと回答した。本郷教授は「胃もたれ、胃痛の原因は胃の運動機能が低下したり、胃酸の分泌が過剰になることで起きている」と話す。

 大阪市立大病院(大阪市阿倍野区)の富永和作准教授(消化器内科)によると、主な患者は50〜60代。女性が男性の倍ほどになるという。最近は20〜30代の女性も増えている。

    □  □

 検査で異常が見つからないうえ、発症の仕組みも分からないため、診断は患者に対する問診が頼りだ。しかし内臓の痛みの程度や部位を他人に的確に伝えることは難しい。

 大阪市大病院では08年から人体図を使った問診を導入した。みぞおち周辺(図の(3))に半年以上前に表われた強い痛みや不快感が、直近の3カ月で週1回以上続いた場合にFDと診断されるという。富永准教授は「『胸やけがする』と下腹部をさする患者もいる。図を使うことで症状が理解しやすくなった」と話す。

 内視鏡検査でかいようやがんなどの疾患がないことを確認したうえで、投薬による治療となる。胃痛には胃酸分泌抑制薬、胃もたれには胃腸機能改善薬を処方するケースが多いという。

 患者への精神的なケアも重要だ。洛西ニュータウン病院(京都市西京区)の中井吉英心療内科部長は「症状が続くのに『気のせい』と一蹴(いっしゅう)されると患者は不安になり症状が悪化する。患者の話を聞き不安を取り除くことが必要」と指摘する。

    □  □

 FDは心理面との関係も深い。本郷教授らの実験では、内視鏡検査で「異常なし」と告げられた患者の3割で症状が消えたり、効果のない薬を投与しても5割で症状が改善する「偽薬効果」が確認されたりした。また本郷教授は「診察したFD患者の約半数はうつ症状があった」と話す。

 これらの作用に関係するとみられるのが神経伝達物質セロトニンだ。セロトニンは脳内で感情制御にかかわり、胃腸では脳の指令を伝える“潤滑油”として働いている。

 富永准教授らが08〜09年にFD患者と健康な人の脳内のセロトニンを調べたところ、健康な人に比べFD患者では分布の偏りを示唆する結果が確認された。一方、うつ症状を訴えるFD患者に、脳のセロトニンの働きを促進する抗不安薬を投与すると、抑うつ・不安状態の解消に加えて胃腸症状も改善した。富永准教授は「心理的な問題が先か、胃腸の不調が先かは分からないが、セロトニンを介して互いに影響し合っていることは間違いなさそうだ」と話している。【林田七恵】

<玉みそ>寒風に揺れる「すだれ」…岐阜・関(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
「小沢独裁」を否定=社会保障円卓会議は消極姿勢−鳩山首相(時事通信)
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚(産経新聞)
再現される事件当時の進行経路… 消されたモニターを見つめる加藤被告(産経新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-06 09:21
 大阪府大阪狭山市のコンビニ駐車場で1月18日、女性が車にはねられ死亡した事故で、大阪労働局は5日、自動車運転過失致死容疑で逮捕された大阪西公共職業安定所非常勤職員、清水辰彦容疑者(58)=富田林市青葉丘=を懲戒免職処分とした。

 黒山署によると清水容疑者は乗用車を運転中、近くに住む無職、大歳喜代子さん(84)を車体下部に巻きこみ、約20メートル引きずって死亡させたとされる。

 清水容疑者は「(事故の前に)数カ所の自動販売機で日本酒やビールを買って飲んだ」と供述、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。

 大阪労働局総務部は「飲酒運転のうえ、死亡事故を起こした事態を重く受け止めた処分」としている。

【関連記事】
部下かばった上司逮捕 ひき逃げ身代わり容疑で 厚木
勇敢な目撃者、ひき逃げの車を追跡“中継” 東大阪
[名古屋ひき逃げ] 車は直前まで県警追跡中 見失い惨事に
[北海道ひき逃げ] 容疑者の写真取り違え放送、謝罪 日テレ系
[北海道ひき逃げ] 「雪の塊かと…」お年寄りを24キロ引きずり死なせた左官逮捕 

特急衝突、客ら41人けが=トラックがスリップ、踏切に−北海道(時事通信)
<三洋電機>ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
<住基ネット>来年度は離脱せず…名古屋市長、半年かけ検討(毎日新聞)
「週刊ゴング」の日本スポーツ出版が倒産(読売新聞)
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置−政府税調(時事通信)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-05 12:37
 約1世紀ぶりの解体修理に向けた調査が行われている薬師寺(奈良市)の東塔(国宝)の劣化状況が1日、報道陣に公開された。各層の屋根下に組まれた木材などが激しく傷んでいる様子が明らかになった。

 東塔は高さ約34メートルの三重塔で各層に裳階(もこし)と呼ばれる飾り屋根が付いている。これまでに塔を貫く心柱が空洞化するなどの劣化が判明しており、県文化財保存事務所が足場を設置して現況調査を進めている。

 塔外側では屋根板を支える「垂木(たるき)」などの木材が風雪で欠けたり腐食したりし、高欄(柵)にも損傷が見つかった。塔頂部の飾り「相輪」では当初約80個あったとみられる風鐸(風鈴)はなく、銅製の軸部には人名など複数の落書きがあることも分かった。

 県文化財保存事務所は今後、部材や劣化状況を調べ、3月に足場を解体。秋から覆い屋を設け、本格的修理に着手する。平成23年夏ごろから解体される方針。

【関連記事】
チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展、2日開幕
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
奈良・薬師寺東塔の彩色文様を現況調査 剥落止めで保存へ
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー

小池百合子氏が「ラーメン大好き小池さん」に(スポーツ報知)
<東海道新幹線>架線切れ3時間半不通…15万人に影響(毎日新聞)
連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
日航機 羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」(毎日新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-04 13:19
 女性ランナーが浪速路を走る「2010大阪国際女子マラソン」(31日、日本陸上競技連盟、産経新聞社など主催)の発着点となる大阪市東住吉区の長居陸上競技場メーンゲート周辺に30日午前、フルマラソンの距離にちなんだ42・195メートルの「マラソン足湯」がお目見えした。

 レース当日、競技場周辺で多彩な催しが開かれる「スノーワンダーランド」の一環。兵庫県新温泉町の湯村温泉から運び込んだ源泉約20トンのかけ流しで、同時に約150人が利用できる。30日は約1時間のみ試験的に設けられ、学生や家族連れらが「温かくて気持ちいい」「明日も観戦の合間に入りたい」などと堪能した。

 スノーワンダーランドは31日午前10時半から午後3時半まで。足湯のほか、雪遊びができる広場「スノーランド」やグルメコーナー「逸品縁日DX」、「スタンプラリー」などがある。

【関連記事】
ラストランで優勝狙う小幡 大阪国際女子マラソン
木崎良子、初マラソン女王&地元V狙うぞ!
日東電工、社員一丸で準備 大阪国際女子マラソン
眺望楽しみながら足湯 森ビルの高層タワー完成
観光の巻き返しで割引キャンペーン続々 神戸市

<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍(毎日新聞)
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設(医療介護CBニュース)
<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)
<天気>関東甲信で夜から大雪(毎日新聞)
<強盗致傷>無銭飲食の男に店主切られ軽傷 大阪の居酒屋(毎日新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-03 13:21
 愛知県一宮市内の病院に入院した女性=当時(80)=が、身体拘束で苦痛を受けたとして、病院側に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、「拘束は緊急でやむを得ない行為だった」などとして、身体拘束の違法性を認めて病院側に賠償を命じた女性側逆転勝訴の2審判決を破棄、女性側控訴を棄却した。拘束は正当とした1審判決が確定した。

 同小法廷は「身体拘束以外に女性の転倒などを防ぐ適切な方法はなく、拘束時間も必要最小限だった」と指摘。「患者の身体抑制はやむを得ない場合にのみ許されるが、病院のとった拘束は緊急でやむを得ず、違法ではない」と判断した。患者の身体拘束の違法性が争われた裁判で最高裁が判断するのは初めて。

 身体拘束をめぐっては、精神病院には特例が認められているが、一般病院には拘束を認める根拠となる法令はない。厚生労働省は平成13年、高齢者ケアのための「身体拘束ゼロの手引き」を作成し、例外的に許される基準として、危険が差し迫っていることや、ほかの手段がないことを挙げた。一方、逆に拘束しなかったために転落や転倒で負傷したなどと主張し、患者や家族が医療機関に損害賠償を求めるケースもある。

 1、2審判決などによると、女性は同市内の一宮西病院に入院中だった平成15年11月15日夜から翌朝、ナースコールを繰り返し、大声を出すなどした。このため、看護師はミトン(手袋のような抑制具)を使って女性をベッドに拘束した。女性はミトンを外そうとして負傷した。女性は1審途中で死亡したため、遺族が訴訟を受け継いでいた。

 1審名古屋地裁一宮支部は不必要な身体拘束は避けるべきだとしながらも、拘束は、生命や身体に切迫した危険があったからだと認定。方法も必要最小限だったとし、合法と判断した。

 これに対して2審名古屋高裁は「患者を拘束して身体的自由を奪うことは原則として違法」と指摘。身体の危険が差し迫っていたわけではなく、看護師らが適切に対応するなど、ほかの手段がなかったわけでもないとして、拘束は違法と結論づけ、病院側に計70万円の支払いを命じていた。

【関連記事】
院内感染で兵庫県が過失認め和解 遺族に約2300万円支払う
医療過誤 水俣市が1千万円支払いで和解へ
「再度手術すれば生存」日赤に4千万円賠償命令
帝王切開後のミス認定 岐阜県に8400万円賠償命令
乳房切除で説明不足 日赤に220万円賠償命令 津地裁

普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
「中原中也」商標登録ダメ、吉田松陰も取り消し(読売新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る−状況証拠で立証へ・連続不審死(時事通信)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-02 16:52
 囲碁の第13期女流棋聖戦三番勝負の第2局が28日、東京都内で行われ、230手で挑戦者の謝依旻(シェイ・イミン)女流本因坊・女流名人(20)が梅沢由香里女流棋聖(36)に白番中押し勝ちし、2連勝で奪取した。女流3冠制覇は小林泉美六段(32)が03年に達成して以来、7年ぶり2人目。謝は現行の女流3タイトルを独占する形になった。

 謝は台湾出身。02年に来日し、04年に14歳でプロ入りした(初段)。現在は四段で、日本棋院東京本院に所属。力強い棋風で激しい戦いを好む。

 06年、17歳1カ月で女流プロ最強戦を制し、囲碁界の女流棋戦最年少優勝記録を作った。女流本因坊戦は07年から3連覇、女流名人戦は08年から2連覇。今回の女流棋聖戦では梅沢の4連覇を阻止し、初の獲得を果たした。

 謝は「三つ取れてうれしい。ただ、責任というか、重みを感じます。今後は女流3冠にふさわしい碁を打たなければ」と語った。

 女流タイトルが三つ以上ある時期(1989年以降)にそれを独占したのは、謝が初めて。小林が3冠を制したときはタイトルが五つあった。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち
囲碁:関西棋院2人目の外国人女性棋士
小沢幹事長:新成人、井山名人と対局 逃げ切れず引き分け
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」
小沢・民主幹事長:逃げ切れず 新成人の囲碁・井山名人とドロー

第2次補正予算案、午後に衆院通過へ 集中審議めぐり与野党対立(産経新聞)
接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-01 14:48