防衛コンサル公判 最終弁論無罪主張(産経新聞)

 平成15〜18年に防衛商社などから受け取ったコンサルタント料約3億1400万円の個人所得を隠し約1億円を脱税したとして所得税法違反(脱税)などの罪に問われた社団法人「日米平和・文化交流協会」元専務理事、秋山直紀被告(60)の公判が10日、東京地裁(朝山芳史裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で脱税について改めて無罪を主張、結審した。判決は3月29日。

 検察側は懲役3年、罰金3千万円を求刑している。

 弁護側は「送金された法人には実体があった。収入も法人に帰属する」などと脱税について無罪を主張。マンション建設代金の支払いを請求された民事訴訟をめぐる有印私文書偽造・同行使などの罪については起訴内容を認め、執行猶予付きの寛大な判決を求めた。

企業献金全面禁止で首相「早期に結論を」 衆院予算委が実質審議入り(産経新聞)
千葉大生殺害事件、強殺・放火容疑で逮捕へ(読売新聞)
<消費者庁>地方消費者行政推進本部を設置(毎日新聞)
鬼祭り 「アオー」青鬼駆ける 愛知・豊橋で無病息災願う(毎日新聞)
<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-13 20:12