調布市議が救命術を学ぶ(産経新聞)

 調布消防署は10日、調布市議18人を対象に、心肺蘇生(そせい)など救命術の講習会を市文化会館たづくりで開いた。突然心停止した人に電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)の使い方、窒息の手当て、止血の方法などを4時間にわたって伝授した。

 大須賀浩裕市議会議長は「阪神大震災のボランティアを経験し、被災者への応急措置の重要性は私も認識している。災害や事故に備えて議員も地域の一員として技術を身につけることが大切だ」と話した。

ハイチ大地震 PKO派遣の自衛隊員200人 羽田を出発(毎日新聞)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(中)焦る男性、巧みに籠絡(産経新聞)
トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)
書の甲子園 大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)
参院過半数で社民の心理的影響を注視−自民・大島幹事長(産経新聞)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-02-11 11:59