ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)

 27日午後0時10分ごろ、大阪発松山行き日本エアコミューター(JAC)2305便ボンバルディアDHC8−400が、前輪の不具合を示すランプが点灯したため、整備のため大阪空港に引き返し、着陸した。JACなどによると、乗客乗員77人にけがはなかった。同機は午前10時50分ごろに大阪空港を離陸。同社がトラブルの原因を調べている。

【関連記事】
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず
ボンバル機トラブル相次ぐ 中部空港など出発便
ボンバル機胴体着陸で、個人特定できず不起訴 高知地検 
ボンバル機が引き返し 鹿児島発、屋久島行き

菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
早朝に民家火災、住人1人が死亡…大阪市(読売新聞)
<水俣病訴訟>和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
小沢氏きょう聴取 「関与」「原資」焦点に(産経新聞)
過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ−与野党合意(時事通信)
[PR]
by p6rwyu5ua0 | 2010-01-28 09:41